<< 中高生のハローワークVol.5 開催案内 【脚本家 まなべゆきこさん】 | main | 中高生のハローワークVol.6 開催案内 【テレビ局のお仕事 中野信さん】 >>
中学生のハローワークVol.5 【脚本家 まなべゆきこさん】
2月11日(木)建国記念日。冷たい雨の日に、中高生のハローワークvol.5「脚本家のお仕事」を開催しました。そんな悪天候にも関わらず、今回は12人の中学生と4人の保護者の方が来てくださいました。

おとなり映画イメージまずは百聞は一見に如かず、今回のゲスト、まなべゆきこさんの代表作で、昨年大ヒットした「おと・な・り」を鑑賞してもらいました。普段何気なく耳にしている日常の「音」を通じて惹かれあっていく男女のお話なのですが、さすがに恋愛映画(それだけがテーマじゃないですが)なだけに、今回は女子率高い!というか女子ばかりでした…
みんなからすると、だいぶ世代が上の男女のお話なので、理解出来るのかなぁ〜とちょっと心配でしたが、上映後のみんなの表情は柔らかく、ほんわかとした幸せ感に包まれたような表情だったので、きっと映画の世界観に少なからず共鳴出来たのでは、と感じました。

まなべゆきこさん講義風景2上映会後は脚本家、まなべゆきこさんが登場し、脚本家のお仕事について丁寧にお話してくださいました。
脚本家とひとえに言っても、いろいろな脚本家がいるという事。
テレビ、映画、最近は漫画やゲームの脚本家もいるというのは知らなかったです。華やかな世界にいるように思えても、意外と地味なお仕事。撮影開始まで、(クランクインしてからも)何度も何度も脚本は書き直していくのだとか。相当精神力が強くないとやっていけない仕事だなぁと改めて思いました。
また、子ども達にはあまり馴染みのない響きかもしれませんが、コネのお話もしてくれました。仕事をやっていく上ではどんな仕事でも、人間関係が非常に大事だというお話です。例えば今周りにいるお友だちだって、将来に渡って、いろいろな形で助けあえる関係になれるかもしれないですよね。

まなべゆきこさん講義風景2実際の現場で使われた貴重な脚本や、撮影舞台の間取り図など、なかなか普通では見られないものも惜しみなく見せていただき、子ども達も喜んでいました。

インタビューでは、今回は映画好きの子もいた事もあり、いろいろ質問が飛び出しました。一番好きな映画は何ですか?とか、脚本を書いていて詰まった時にはどうしていますか?などなど。(インタビューはのちほどまとめてアップします)

あっという間の3時間半で、会場の時間もあって、最後のアンケートはロビーで、なんてことになってしまいました。。

まなべゆきこさん講義風景3まなべさんは今3本の脚本を書いていて、脚本のネタは10個もあるとか!
今後はもっともっとスクリーンでまなべさんのお名前を目にする機会が増えそうですね。
素敵な講演をどうもありがとうございました。



カテゴリ:中学生のハローワーク | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tera58.spo-com.net/trackback/1020724
トラックバック